--.--.--(--)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2018.02.15(Thu)


冬夜空




月を追いかけたはずが

星の美しさに息をのんだ


都会に消えた私の心が戻ってきた

無数の星に感動した
意味もなくわくわくしてきた



子供のころにタイムスリップする瞬間を味わった

スポンサーサイト



2014.02.26(Wed)


小さな箱庭を持ち歩き
のぞきこむ人たち



時をわすれ


感情をわすれていく





それはパンドラの箱ではなかったのか














2014.02.11(Tue)


休日


挽きたてのコーヒー    
手作りクッキー
読みかけの本


長くて短い時間が
すぎていく










2014.01.05(Sun)


筆に代わってシャーペンの時代


筆使いは微妙な力の配分
強弱が必要

出しては引く
塩梅なのだ



便利な道具を手にしたために
見えなくなってしまったことが沢山ある


広く浅い関係はひろがっていて
文化の所作に学ぶコトは多い


書道が気になりはじめた
今日このごろ。











2013.12.04(Wed)


ぼくは青虫。

いつもお腹がペコペコなんだ。

あの美味しそうな葉っぱをひと口食べると
いのちを落とすという。



かわいい子供たちよ。

私の食べ残した葉っぱの穴からは
どんな風景が広がっていますか








category
未分類 (6) 

month
2018/02 (1) 2014/02 (2) 2014/01 (1) 2013/12 (2) 




/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。